令和3年  消 防 訓 練

毎年1月26日は、文化財防火デーです。
文化庁、消防庁、都道府県・市区町村教育委員会、消防署、文化財所有者、地域住民等が連携・協力して全国で文化財防火運動を展開しております。

文化財防火デーに先立ち、令和3年1月26日市教育委員会、地域住民の皆様、屋根の葺き替えに携わった方、文化財所有者が協力し訓練を行いました。その様子をご報告させていただきます。

 

訓練に先立ちまして、市教育委員会、教育学習課課長からご挨拶していただきました。

当主からはご協力のお礼を申し上げました。

 

訓練開始9:30 かやぶき屋根の天井にある熱探知機に熱を感知させ自動通報により所轄消防署へ通報が入ります。

数分で消防車が到着し、消防隊員が正面からの放水、地元の参加者たちは東西からの放水銃と消火栓から屋根に放水しました。

 

最後に所轄の消防署の管理者より

『文化財の火災原因は、心無い者の放火が一番多く、次に電気設備によるトラブル、飛び火、などとなっており放火を未然に防ぐには近所の方々の監視も大切です。土田家住宅は、このように近所の方々の協力があり監視や、万が一の初期消火も万全であると判断しました』という感想をいただきました。

 

----------ご協力いただきました皆様----------

市教育委員会・地域住民・屋根葺き替えに携わった方、文化財所有者の土田家住宅当主

 

 

ご協力いただきました皆様と記念撮影

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic